香港のお茶屋さん日記

香港でお茶屋さんをしてます。
日々の雑多なこと、お茶のこと、陶器のこと、仕入旅などなど書いていく予定です。

商売を始める前に③ 副業から始める

商売を始めて、まともに利益が出るのに、
大体1年くらいかかる、
とよく言われます。
これは何故かというと、
ーブランド、店舗が認知される
ー商品の質が改善する、もしくは、マーケットにあった商品を揃える
ーマーケティングの方法が改善される
ー運が舞い込んで来る確率
これらの事が徐々に改善されていって、
結果として利益となっていくのだと思います。


しかし、この物価の高い香港で、
1年間まともに収入がないとなると、
その間の生活を支えるために、
かなりの金額を貯えなければなりません。


副業として商売を始めるということは、
この利益が出ない助走期間を、
自分自身の事業以外の定収入がある時に始める、
という事になります。


また、始めた商売の方向性が間違っていた場合、
定収入がある状態であれば、
いつでも方向転換することができます。


東にゴールがあるのに、
南に走っていったら、
どんなに一所懸命走っても、
ゴールにたどり着けません。
走れば走るほど、ゴールから遠ざかります。
どの方向にゴールがあるのかは、
誰にもわからないので、
始めに東西南北いろいろな方向に行って見て、
どの方向がゴールか良く見極めなければいけません。


また運を掴むという意味でも重要です。
舞い込んでくる運は、
運が舞い込む確率x時間=舞い込んでくる運の量
だと思います。
つまり、長い時間、商売をしていた方が、
運が舞い込む確率も高まります。
本格的に商売を始める前に、いくつか運を掴んだ状態ではじめるか、
全くのゼロから始めるか、
自ずと結果は変わってきます。


数年間働かなくても食べていけるくらいの資産がある人ならいいのですが、
僅かな資産しかないのであれば、
副業として商売を始めることは非常に重要です。


今日は随分と暑いです。
これから湿度が高くて暑い、不快な香港の夏が始まりますね。
暑くなってくるとアイスクリームが良く売れるようになります。
そもそも僕のお店が有名になったきっかけは、
僕の抹茶アイスが香港で一番おいしいと、
沢山の香港のメディアに取り上げられたからでした。
取り上げられた当初は毎日のように行列ができました。
今は香港中に抹茶アイス屋さんができたので、
小売りでのアイスの売り上げは、随分落ち着きましたが、
今でも最高級ホテルへの卸販売などでかなり恩恵を受けています。


香茶房(主に茶葉と茶器販売)
606, 6F, Haleson Building, 1st Jubilee St., Central, Hong Kong


http://kaorisabohk.com


香茶時間(主に食器、陶器と茶室(お茶カフェみたいなかんじ))
1502, 15F, Harvest Building, 29-35 Wing Kut St., Central, Hong Kong
http://www.japaneseteahk.com


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。